スタッフ募集について

現在、Blueberry Projectで募集しているスタッフは、「ボランティア・スタッフ」のみです。ギャラや交通費は支給されませんので、あらかじめご了承ください。

ディレクター、AD編

ディレクターって、どんな役割?

ディレクターから見るスタジオ風景ラジオを聴いていて、「こんな番組作ってみたいなぁ。」とか、「俺だったら、こうするとになぁ。」とか、思ったことはありませんか?なにかをゼロから始めたり、先輩方が積み上げてきたものをあえて変更する勇気のある人は、もしかしたら、ディレクターに向いているかも知れません。
ディレクターの役割は、ADやパーソナリティー、レポーター、ミキサー、放送作家といった番組に関わるすべてのスタッフをまとめて、きちんとした番組をリスナーのもとに届けること。大勢のスタッフを上手に使って番組を動かす人も居れば、常に自分が中心になって番組を進める少数精鋭タイプの人まで、けっこう、いろんな人が居ます。
私たちが制作を行っている“エフエムさがみ”は“コミュニティFM”といって、比較的小規模なラジオ局なので、ディレクターはミキサーと兼務していることが多くなっています。

優秀なADとは?

正月、巫女に扮しておみくじを振るADそして、そのディレクターの手足となって実務をこなすのが、AD=アシスタントディレクター。選曲やメール・テーマの選定を手伝うこともあれば、出演者への連絡、CD等の音源準備、放送中の情報収集といった番組に直接関わるものから、買い出しやお茶出しまで、とにかく、「番組を円滑に動かすために必要なこと」をこなしていきます。
優秀なADがいれば、ディレクターが多少のんびりとした人であっても、番組はスムーズに動いていく、そんな重要な役目なのです。
つまり、ADに必要なのは、いかに「気配りができるか」ということ。今はスタッフや出演者への気配りが中心ですが、いずれ、ディレクターになったときには、「聴いてくれる人のためになにができるか」という気配りが大切になります。そのために自分を磨くトレーニング期間と考えるとわかりやすいかも知れません。

もちろん、見学も随時受け付けています(※要事前申し込み)ので、まずは、生放送中のスタジオを見学しにいらしてみてはいかがでしょうか。

チャレンジして失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ。

本田宗一郎